11歳男児が新型コロナワクチン3回目接種後に死亡〔厚労省発表〕(10/9)

写真出典:テレビ朝日

 厚生労働省は、5歳から11歳用の新型コロナワクチンを3回接種した11歳の男の子が死亡したと発表しました。小児用ワクチンを接種した後の死亡の報告は2例目です。

 厚生労働省によりますと、11歳の男の子は先月19日に5歳から11歳用のファイザー製ワクチンの3回目の接種をしました。

 翌日に発熱してけいれんを起こし、その4日後に死亡しました。

 死因は多臓器不全で、敗血症や急性脳症の症状があったということです。

 男の子には熱性けいれんなどの既往歴があり、喘息(ぜんそく)の薬などを服用していました。

 7日に開かれた厚労省の専門部会は、「情報不足などによりワクチンと死亡の因果関係は評価できない」としています。(テレ朝news

 厚労省は基礎疾患のあるお子さんに新型コロナワクチンを推奨しています。保護者の方は男の子に既往歴があることから、新型コロナにかかっても重症化しないようにとのことで3回接種したのだと思います。厚労省専門部会は「因果関係は評価できない」としていますが、専門部会の方々の心は痛まないのでしょうか。4日後に亡くなったのです。徹底的に死因を明らかにするべきだと思います。

 これでは、亡くなった男の子やご家族の方々が浮かばれないと思います。
重症化しないことを願って接種したのです。ご家族の方々の心痛を思うと私も心がたいへん痛みます。男の子のご冥福を心から祈ります。

月ごとの投稿
新型コロナワクチン
大西カウンセリング&脳科学コーチングルーム