子どもの心配な行動

子どもの心配な行動

ADHD剤のメカニズムと弊害(4/10)

 現在、ADHD剤として使われている向精神薬は、以下の4剤です。現在、薬を使っているのであればもちろんのこと、使っていない場合でもクスリのメカニズムと弊害を知っ→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

クスリは症状が治まったと見せかけるだけ(4/8)

 発達障害の原因は、一般的には、「生まれつきの脳機能の障害によるもの」「遺伝子の問題が関係して起こる」などと、考えられていました。こういった考えから、「日常的な努力ではよくならない→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

しかし…心配な行動をとる子が増えてきました(4/6)

 2005年に施行された発達障害者支援法に、発達障害は脳機能の障害と定義されています。  私は、脳のどの部分がどのような状態になっていて、ADHD、ASD、L→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

2005年以前も心配な行動をとる子はいました(4/4)

 ほんの20年ほど前までは、発達障害という言葉はありませんでした。目立つ行動を取る子に対して、男の子は「わんぱく」「いたずらっ子」「ガキ大将」、女の子は「おてん→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

私も発達障害(ADHD)?(4/1)

男子の集合写真 女子の集合写真(よく見ると…)  上の写真は、私の小学校2年生の時のクラス写真です。今から60年前です。当時は、男子と女子に分か→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

幼児期に向精神薬を使うと…(3/28)

 2005年に発達障害者支援法が施行されてから、子どもたちに急激に向精神薬が処方されるようになりました(ルームだより1/19参照)。そこで、幼児期に向精神薬を使うと、どのような問題→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

ついに断薬に成功!(3/7)

 4年生になって服用していた抗精神病薬も、当初の量から3分の2、3分の1へと減っていきました。3学期には、ほぼゼロになり主治医から、「診察の間隔を開けても大丈夫→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

ADHD治療剤のことを知れば知るほど、募る私の反省(7/11)

 私は小学校の教員でしたが、ADHDを含む発達障害のことを知ったのは今から約20年前のことでした。学校現場でも発達障害の研修が行われました。ほどなくして発達障害→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

食の幅が広がって目の機能も改善した(3/5)

 お母さんはその後も、煮干やコンブの天然だし、アゴ(トビウオ)の粉末を食材に入れたり、ナッツ、ココア、海苔などのミネラル豊富な食材を取り入れたりしました。根→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

発達検査の数値が大幅に改善して絵も伸びやかに(3/3)

 健ちゃんは、小学校2年生の夏休み直前から、食の取り組みを始めました。  最初は、偏食がひどかったので、食事に少しずつ、煮干しやアゴ(トビウオ)、コンブなどの→ 続きはこちら