子どもの心配な行動

うつ・不安症状

精神医療にかかる患者数は、18年間で約2倍(9/9)

 ストレス…。この言葉を人々が口にするようになったのは1970年代後半からです。「ストレス溜まるよな~」「職場の〇〇…、あいつがストレスの元→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

6歳未満に対しては投与してはならない〔世界保健機関〕(8/29)

 世界保健機関や日本のガイドラインでは、「児童青年のADHDへの第一選択肢は心理療法(心理教育、ペアレント・トレーニング、認知行動療法など)であり、薬物療法は児→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

回復することができる脳(8/2)

<発達障害の知識と対処法を学ぶ>より  脳梁(のうりょう)は、特に自閉症と関連が深いとされる場所です。男性の方がもともと小さいとされており、男性に自閉症が多いと原→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

発達の時期によって起こる特有の症状(7/31)

 胎生期からの一連の脳の発達の中で、どの時期に炎症や栄養障害が起こったかによって、現れる症状が変わってきます。  例えば、ダメージを受けたのが、「右脳と左脳をつなぐ脳梁が発達→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

出生してから成人後まで続く脳の成長(7/29)

出生してから成人後まで成長が続く脳  脳の神経細胞は、出生後1~2ヵ月でほぼ大人と同じ数になりますが、それで脳の組織が完全に出来上がるわけではありません。出生時に→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

発達障害の生じるリスクが高い妊娠中(7/26)

 胎生期や発達期のどの時期に脳がダメージを受けたかによって、発達障害の症状は変わってきます。  まず、胎生期の脳はどのようにできていくのかを考えてみたいと思います。脳の発達のプロ→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

遺伝子より環境の方が大きく影響する発達障害②〔遺伝子のスイッチのオン・オフ〕(7/24)

 前回は、発達障害の原因として、遺伝子トラブルがあることをお伝えしました。こうした遺伝子トラブルの現れ方は、世界の国や地域によって違います。  日本人→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

遺伝子より環境の方が大きく影響する発達障害①〔遺伝子多型の影響を受ける〕(7/22)

 以前、「発達障害の本質は『代謝障害』(9/11),(9/13),(9/15),(9/17)(9/19)」とお伝えしましたが、今回は、「発達障害も遺伝子より環境の方が大きく影響を受→ 続きはこちら
うつ・不安症状

足りていない栄養を補えば、うつ病や発達障害は劇的によくなる!(11/8)

大塚亮医師(大塚医院ホームページより)  左(スマホでは上)の写真の大塚医師は著書「(食事を変えてラクラク解決!)脱うつレシピ」で、次のように述べています。大塚医→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

発達障害の本質は「代謝障害」(その2)(9/13)

安易に診断されている発達障害  下のグラフは、7月3日のルームだよりで紹介したADHD治療剤が処方された金額の変化を表したものです。2005年に発達障害者支援法が施行されてから、→ 続きはこちら