子どもの心配な行動

子どもの心配な行動

発達障害の本質は「代謝障害」(その1)(9/11)

発達障害とはどのような状態なのか  6月29日から5回にわたって、本ルームだよりでADHD治療剤の副作用を中心にお伝えしましたが、今回は発達障害の原因を中心にお伝えしたいと思いま→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

心配な行動をとる子どもが増えてきたのは、なぜか?-原因に目を向ける大切さ-(6/13)

 4月6日のルームだよりで、私は、「20年ほど前から、『うまくコミュニケーションがとれない』『じっと座っていられない』『集中できない』『キレやすい』という子→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

お母さん、子どもの脳を守って!(6/9)

 はんがい えみ さんの「お母さん、子どもの脳を守って!」Amebaブログ(薬に頼らない精神保健を実現したい)を紹介します。  子どもの頃から、精神薬を飲まさ→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

0歳から4歳までの子どもまでもが薬漬け(6/5)

 下の表は、ADHDや自閉症スペクトラムと診断された0歳から4歳までの乳幼児に処方された処方状況です。  ストラテラとインチュニブはADHD(注意欠如多動性障→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

ADHDは作られた病(5/27)

レオン・アイゼンバーグ氏  「ADHD」とは、注意欠如多動性障害と呼び、子どもの発達障害として診断されています。最近では大人でも「ADHD」と診断される方が増えて→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

みんなちがってみんないい(4/13)

 金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」の詩は、みなさんもご存じだと思います。 写真館にて撮影(20歳) ウィキペディアより 「私と小鳥と鈴と」 私が両→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

自閉症スペクトラムの易刺激性を抑えるクスリのメカニズムと弊害(4/11)

 ADHDに限らず、自閉症スペクトラムの易刺激性を抑えるクスリも処方されています。 【リスパダール(リスペリドン)】  小児の自閉症スペクトラムの易刺激性(→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

ADHD剤のメカニズムと弊害(4/10)

 現在、ADHD剤として使われている向精神薬は、以下の4剤です。現在、薬を使っているのであればもちろんのこと、使っていない場合でもクスリのメカニズムと弊害を知っ→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

クスリは症状が治まったと見せかけるだけ(4/8)

 発達障害の原因は、一般的には、「生まれつきの脳機能の障害によるもの」「遺伝子の問題が関係して起こる」などと、考えられていました。こういった考えから、「日常的な努力ではよくならない→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

しかし…心配な行動をとる子が増えてきました(4/6)

 2005年に施行された発達障害者支援法に、発達障害は脳機能の障害と定義されています。  私は、脳のどの部分がどのような状態になっていて、ADHD、ASD、L→ 続きはこちら