脳科学コーチング

脳科学コーチング

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その4)(4/20)

人は環境については恐怖心を抱く(原始脳が働く)が、自己については楽観的に考える(理性脳が働く)傾向がある。 (ハゼルトンとネトルによる)     右図(スマホでは下)の人→ 続きはこちら
脳科学コーチング

ダイエットは脳科学コーチング<その5>(3/1)

<更にセルフイメージを変えて>  私は現在、体重が67kgから68kgの間で推移しています。リバウンドはしていません。脳科学コーチングダイエットの良さは、主体的にセルフイ→ 続きはこちら
脳科学コーチング

ダイエットは脳科学コーチング<その4>(2/29)

<もう一人の自分がいる?>  「お腹がへこんで苦しまずに前屈を楽しくしている笑顔のストレッチャー」と、セルフイメージを変えることによって、私の脳内にあるこれまで眠っていた→ 続きはこちら
脳科学コーチング

ダイエットは脳科学コーチング<その3>(2/28)

<セルフイメージを変えてダイエット>  私(大西)は30年間、体重を減らすことができませんでした。痩せたいと思っていましたが、お腹がすくとすぐに食べていました。それも早食→ 続きはこちら
脳科学コーチング

ダイエットは脳科学コーチング<その2>(2/26)

<それではどうすればいいのでしょう?>  前回、恒常性維持機能(ホメオスタシス)が現状を強力に守っているとお伝えしました。しかし矛盾しているようですが、私たちには人生をよ→ 続きはこちら
脳科学コーチング

ダイエットは脳科学コーチング<その1>(2/24)

<あなたはやろうとしたことを続けられますか?>  継続は力なり、と続けることの大切さは誰でも分かっていますが、三日坊主とはよく言ったもので、続けることはなかなか難しいもの→ 続きはこちら
脳科学コーチング

禁煙は脳科学コーチング(前編)(5/3)

 タバコに害があることは、誰もが知っています。喫煙している方も知っています。止めたいと思っても、なかなか止められません。  私も5年前までは1日、30→ 続きはこちら
脳科学コーチング

禁煙は脳科学コーチング(後編)(5/5)

  タバコを止めたくても止められないはずです。タバコの精神的依存度、身体的依存度は麻薬とほとんど同じだったのです。 私は教員生活最後の年、咳や痰が少し気になっていました。→ 続きはこちら
脳科学コーチング

なぜ勉強するの?(3/6)

 当ルームでは小学生に対して、「夢や希望を持ち、進んで学習する子」になってほしいと願って教科の個別指導を実施しています。  学習する理由をお子さんがしっかり理解しておくこ→ 続きはこちら
脳科学コーチング

感染した人の立場がない(3/14)

  新型コロナウィルス対策で手洗い、うがい、消毒もすべて行っていた人が感染してしまいました。感染したのが不思議なくらいだとのことでした。  その人に近所の人から「コロナに→ 続きはこちら