心理療法の活用

2020年5月

道端にはひっそりと可愛い花が咲いていて蜂がとまっていました(5/25)

 アクト(Acceptance and Commitment Therapy) では、オープンで柔軟であり、好奇心を持って注意を向けることをマインドフルネスと言っています。私は毎朝、30分間のウォーキングをしていますが、「今日は意識...
2020年5月

新型コロナウィルスで非難にさらされるパチンコ店勤務の方(5/21)

 自治体の休業要請・指示に従わず営業を続けるパチンコ店が非難されました。県境を越えて店を訪れるお客さんも問題視されました。ある女性が勤務するパチンコ店は要請を受けてすぐに休業したそうです。その前から店員さんはマスク必着、遊技台の間隔...
2020年5月

今日の千葉県はとても良い天気でした。(5/17)

 アクト(Acceptance & Commitment Therapy)では、思考に巻き込まれるのではなく、今この瞬間に体験していることに気づく、あるいは注意を向けることを大切にしています。注意を向ける時、心を開いて柔軟に...
2020年5月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その10)(5/1)

マインドフルネス…意識的に柔軟でオープンで、そして好奇心を持って注意を向けて生きる技術  これまで、豊かで充実した人生のために、「フュージョン」「脱フュージョン」「アクセプタンス」「思考を観察する」等のエクササイズ(練...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その9)(4/29)

「観察する自分」は、「空」のようなもの   これまで、脱フュージョン(思考に巻き込まれたり囚われたりしない)、アクセプタンス(感情をあるがままに受け容れる)の理解とエクササイズ(練習)が必要になるとお伝えしてきました。それは、ひとえにAC...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その8)(4/27)

感情も思考と同じように受け容れ、張り合おうとせずに、ただそこに置いておくようにしたい。  前回で、私たちの感情はネガティブな感情の言葉の方が多いとお伝えしましたが、ACTの目的は、感情を変化させたり弱めさせたりすることではないので...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その7)(4/25)

感情は、ネガティブな感情の方がポジティブな感情より多い。  私たちは湧き起る感情を言語で表します。言語によって微妙な感情の違いを感じ取るようになってきました。そこで、ネガティブな感情が湧き起った時、どのように対処すればよいかを考える前に、...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その6)(4/23)

 こんな時にこそ、今、豊かで充実した人生のために必要なことは何かを考え、実行する。  相手や自分に対してネガティブな思考や感情が浮かんできた時、あまり気にならなければ、「こんな時にこそ、今、必要なことは何だろう。」と考えて、それを...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その5)(4/21)

ネガティブな思考(考え)に巻き込まれたり囚われたりすると・・・  新型コロナウィルスの感染拡大によって、不安や恐怖を感じ、(その2)(4/16)のような自分自身にも他者に対してもネガティブな考えが浮かんできまます。 ...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その3)(4/18)

ネガティブに考えてしまうのは普通のこと(後編)  ACTが、人がネガティブに考えてしまうのは普通のことと考えている理由は以下の通りです。    人のマインド(私たちに自然と聞こえてくる私たちの心の声)はネガティブな考え方をする...
タイトルとURLをコピーしました