こどもには特に接種を慎重に判断してください(3/26)

 5歳から11歳の子どもに対しても、新型コロナワクチンの接種が始まりました。子どもコロナプラットフォーム代表の南出賢一氏(南大津市長)と柳澤厚生氏(国際オーソモレキュラー医学会会長)が訴えています。努力義務がないとはいえ、なぜ政府が小さな子供たちまでにも接種をさせようとしているのか、たいへん疑問です。

月ごとの投稿
新型コロナワクチン
大西カウンセリング&脳科学コーチングルーム