どうぞご利用ください(家庭学習表)(6/17)

 下の表は、当ルームで活用している家庭学習表です。学習表の下の「☆印勉強をしよう」をクリックすると、家庭学習表が表示されます。印刷をすることも可能ですので、どうぞご利用ください。しかし、お子さんが学習意欲を出し、学習を理解していくようになるためには、使い方次第だと考えています。使い方を間違えてしまうと、逆に学習嫌いにさせてしまうこともありますので、十分にご注意ください。
 ご参考までに、当ルームではどのように使っているのかを、ご紹介しておきます。

   勉強をしよう(男の子)       勉強をしよう(女の子) 

【当ルームでの活用方法】
①積極的に称賛します。1日だけに印をつけて  いても叱りません。仮に印が全然ついていなくても共感的に「何か理由があったんだね。大丈夫大丈夫」と言って励まします。

②〇は(10分)、◎は(20分)、☆は(30分)というように、指導者と話し合って子どもが納得するような勉強時間を設定します。

③1週間のうち、5日間以上学習をしたらご褒美を渡します。
※1 〇が1日でもあれば、〇の時のご褒美とします。(例)〇◎☆◎◎
※2 ◎が1日でもあれば、◎の時のご褒美とします。(例)☆☆◎◎☆
※3 〇、◎、☆の時のご褒美をあらかじめ決めておきます。
※4 1週間勉強した場合は、ご褒美をレベルアップさせます。
(例)◎◎〇〇〇〇〇の場合、☆の時のご褒美を上げます。
 勉強時間の多さよりも、毎日継続することを重視します。1週間に5日以上を1か月続けることにより、習慣化されご褒美なしでも勉強していくことが期待できます。
※5 あらかじめどんなことを勉強するのか、決めておきます。

 最も避けたいことは、子どもが全く印をつけなかった時、強く叱ってしまうことです。これでは、活用した意味がなくなってしまいます。称賛すること、1週間ごとのご褒美を楽しみにさせることで、継続していくようにします。

 お子さんが一生懸命に勉強している姿をイメージすると、大人も楽しくなると思います。楽しく勉強させていくようにしたいものですね。

月ごとの投稿
新型コロナワクチン
大西カウンセリング&脳科学コーチングルーム