潜在意識の力で便秘改善(10/2)

 私は2年前、脳科学コーチングでダイエットを行い、現在は11kg減量し体重は62kgです。この間、降圧剤、尿酸や中性脂肪を下げる薬を止めることができました。花粉症や口内炎も治まりました。

 しかし、良いことずくめだったいえばそうではなく、ダイエットには便秘との関係性があったのです。ダイエットの良さばかりクローズアップされがちですが、落とし穴もあることが分かりました。

私の場合、ダイエットを始めてから明らかに便の状態が変わりました。それまでの軟便からたいへん太い硬便へと変化したのです。それに伴い便が出にくくなってしまったのです。ダイエットして便秘になることは全く予期せぬことでした。

 ダイエットと便秘との関係は次のような理由からでした。食事が減れば、今まで腸に入ってきていた食べ物の量が減るので必然的に腸の動きが悪くなってしまう。腸のぜん動運動が弱くなると、腸に食べ物が溜まってしまうので、水分だけが吸収される。水分がなくなって硬くなった便は、腸から運ばれなくなるので体外に排出されなくなる。

 多くの場合、ダイエットには栄養のバランスを考えながらも食べる量を減らしていきますので、便秘になりやすくなるのも頷けます。

 そこで、私は「私は便通がよくなっている」と、スッキリして笑顔になっている自分の笑顔をイメージしてアファメーションを1日30回行いました。浮かんできた解決策は、
①ネットで調べる
②よく噛む(30回以上)
③常温の浄水を飲む(時々のアイスクリームやサイダーはOK)
④豆乳ヨーグルトを毎朝食べる(1日110g)
⑤アマニ油(オメガ3)を摂取する(納豆に5ml)

【よく噛む】①内臓脂肪の分解を促進する②脳が活性化する③唾液の分泌が増え消化を助ける④食事が少量でも満腹のサインが脳に伝わりやすい

【常温の浄水】胃腸への負担が少ない

【アマニ油(オメガ3)】便の滑りをよくする

【豆乳ヨーグルト】腸内環境を整えてくれる

 食事の内容や量は栄養バランスを考えながら、これまでと大きくは変えませんでした。特にミネラル類を天然だし粉で摂取していました。

 上記の5つを実践したところ、すぐに効果が現れました。以前はトイレに行くのが億劫だったのですが、今では楽しみになりました。改善しても子どもには負けていないように思っています。

 便秘改善の解決策は、人それぞれに合った方法があると思います。私の解決策を取り入れても改善しないかもしれません。重要なことは、改善してすっきりした笑顔になっている自分の姿をイメージすることです。すると自分の潜在意識が自分に合った解決策を考えてくれます。私たちの潜在意識はとても賢いです。

月ごとの投稿
脳科学コーチング私の生活
大西カウンセリング&脳科学コーチングルーム