年齢はただの数字(90歳の現役フィットネス・インストラクター)(3/25)

 下の写真は、90歳の現役フィットネス・インストラクターのタキミカさんです。この柔らかさには驚かされます。

 2021.01.03付けのnippon.comによりますと、瀧島未香(たきしまみか)さんがフィットネスと出会ったのは65歳、何気ないご主人のひと言がきっかけだったそうです。タキミカさんは、ご主人に「太ったね」と指摘され、マズイと思いジム通いを始めました。

 運動とは無縁の専業主婦だったタキミカさんでしたが、すぐにフィットネスに魅了され、5年で15kgの減量に成功しました。やせるために始めたジム通いで、目的は十分に達成されたはずでした。しかし、その後もレッスンに通い続けたタキミカさんは、79歳でパーソナルインストラクターについて体幹を鍛え始め、87歳の時思いもよらぬ転機を迎えました。

 インストラクターの中沢智治さん(パワーエイジング代表)から突然、「今日は先生になってもらいますから」とインストラクターに抜擢(ばってき)されたのです。コロナ禍のいま、タキミカさんは月1ペースで60分のオンライン・レッスンを行ない、40代から60代の男女20人に自ら考案した“タキミカ体操”と体幹トレーニングを教えています。

タキミカさんの夢

 国内最高齢インストラクターになったタキミカさんには、夢があります。ある日、タキミカさんの動画を見てくれたという人から、「死にたいと思っていましたが、元気いっぱいのタキミカさんを見て気持ちが変わりました。これから前向きに生きていきます」というメッセージが届いたのです。


 これを読んでタキミカさんは、「私のやっていることが引きこもりや孤独死を減らすお役に立てるかもしれない。そう思って、目標を掲げました。日本全国47都道府県を巡って、たくさんの人に私のトレーニングを見てもらうんです。見てもらうだけでかまいません。心が動けば、やってみようという気になるはずですから。そうやって皆さんを元気にしながら、インストラクターのまま100歳を迎えたい」という夢を持ったのです。

 私もタキミカさんには遠く及びませんが、腰痛や膝痛解消のためストレッチを始めて10年たちました。1年4か月前に減量をはじめ3か月で6kg痩せましたが、現在は-6kgのままです。ストレッチに支障はなくなりましたので、それ以後の自分の将来の姿をイメージすることがなかなかできていませんでした。

しかし…


タキミカさん(90歳)


大西(67歳)

 タキミカさんと私を比較してみると、柔らかさが全然違います。タキミカさんの姿を私の姿に変えてイメージすることで、私にも更なる身体的変化が期待できそうです。私に身体的変化が見られたら、お伝えしたいと思います。タキミカさんにとって「年齢はただの数字」なのです。

タキミカさん、ありがとうございました

nippon.com(2021.01.03)より

月ごとの投稿
私の生活
大西カウンセリング&個別学習指導ルーム