ダイエットは脳科学コーチング<その5>(3/1)

<更にセルフイメージを変えて>

 私は現在、体重が67kgから68kgの間で推移しています。リバウンドはしていません。脳科学コーチングダイエットの良さは、主体的にセルフイメージを意識しているために、我慢して痩せたという感覚にならず、体重を自己コントロールできるところだと思っています。時々、大福もちやアイスクリームを食べたり、回転ずしに行って20皿まではいきませんが、15皿ぐらいは食べています。

 今のセルフイメージは、「毎朝、登校している小学生や出会った近所の方々に笑顔で挨拶をしているウォーキングマン」です。「おはようございます」と挨拶をすれば、「おはようございます」と返してくれます。それが嬉しいのです。声をかけるときのワクワク感が何とも言えません。

 雨の日以外は毎朝30分、早歩きでウォーキングをしています。ウォーキングの後、ストレッチを45分ぐらいしています。ストレッチは平均して1週間に5日ほどしています。おかげさまで、前屈の時、全然息苦しくなく楽にできるようになりました。

 脳科学コーチングは、一度ゴールに達成した経験をすると、自己肯定感を感じ取り、更に他のゴールを設定しようとする意識が自然と生まれてきます。「意識の力」ってすごいなと思うと、面倒だと思っていることにも積極的に取り組もうとします。

 5回にわたって、私の脳科学コーチングダイエットをお伝えしてきました。脳科学コーチングダイエットは、ジムに通ったりサプリを利用したりマッサージをしたりする必要はなく、食費にもたいへん優しいです。

 また当ルームではダイエットばかりでなく他の夢の実現のために脳科学コーチングでお手伝いできればと思っています。コーチング費用もたいへんリーズナブルとなっています。

 
 

タイトルとURLをコピーしました