2020-04

2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その9)(4/29)

「観察する自分」は、「空」のようなもの   これまで、脱フュージョン(思考に巻き込まれたり囚われたりしない)、アクセプタンス(感情をあるがままに受け容れる)の理解とエクササイズ(練習)が必要になるとお伝えしてきました。それは、ひとえにAC...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その8)(4/27)

感情も思考と同じように受け容れ、張り合おうとせずに、ただそこに置いておくようにしたい。  前回で、私たちの感情はネガティブな感情の言葉の方が多いとお伝えしましたが、ACTの目的は、感情を変化させたり弱めさせたりすることではないので...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その7)(4/25)

感情は、ネガティブな感情の方がポジティブな感情より多い。  私たちは湧き起る感情を言語で表します。言語によって微妙な感情の違いを感じ取るようになってきました。そこで、ネガティブな感情が湧き起った時、どのように対処すればよいかを考える前に、...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その6)(4/23)

 こんな時にこそ、今、豊かで充実した人生のために必要なことは何かを考え、実行する。  相手や自分に対してネガティブな思考や感情が浮かんできた時、あまり気にならなければ、「こんな時にこそ、今、必要なことは何だろう。」と考えて、それを...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その5)(4/21)

ネガティブな思考(考え)に巻き込まれたり囚われたりすると・・・  新型コロナウィルスの感染拡大によって、不安や恐怖を感じ、(その2)(4/16)のような自分自身にも他者に対してもネガティブな考えが浮かんできまます。 ...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その4)(4/20)

人は環境については恐怖心を抱く(原始脳が働く)が、自己については楽観的に考える(理性脳が働く)傾向がある。 (ハゼルトンとネトルによる)     右図(スマホでは下)の人の脳は、脳幹・脊髄(爬虫類の脳)→大脳辺縁系(動物の脳)→大...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その3)(4/18)

ネガティブに考えてしまうのは普通のこと(後編)  ACTが、人がネガティブに考えてしまうのは普通のことと考えている理由は以下の通りです。    人のマインド(私たちに自然と聞こえてくる私たちの心の声)はネガティブな考え方をする...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その2)(4/16)

ネガティブに考えてしまうのは普通のこと(前編)  4月7日に非常事態宣言が発令されて1週間が経ちました。まだ感染する人が増えています。テレビ、ラジオ、ネットの報道は新型コロナウィルス感染がたいへん多いです。 ...
2020年4月

カウンセリングの新しい療法、ACT(アクト)の考え方を生かして(その1)(4/14)

ACT(アクト)とは?  ACTの意味は、文字通り「act(行動)」であって、療法名はアクセプタンス&コミットメント・セラピー(Acceptance and Comm-itment Therapy)ですが、その頭文字ではありません。それは...
2020年4月

千葉県も13日(月)から休業要請(4/12)

 日本はまだコロナを侮(あなど)っている、  欧州では完全に戦争  4月12日8時に配信されたニュースです。危機感を強く抱きました。元国連職員の谷本真由美氏によると、日本人の捉え方はまだまだ甘すぎるといいます。  決定的な違い...
タイトルとURLをコピーしました