2021-01

子どもの心配な行動

子どもたちがどんどん危なくなっています(1/19)

 最近、以前にはなかった「子どものうつ病」が精神科医によってつくられました。そして次は「子どもの強迫性障害」が精神科医によってつくられました。  日本ではオーラップという古い薬を→ 続きはこちら
子どもの心配な行動

2021年も向精神薬の問題を考えていきます(1/1)

 明けましておめでとうございます。いよいよ2021年が始まりました。みなさま、お正月をいかがお過ごしでしょうか。今年もコロナで始まりましたが、今年の年末には収束→ 続きはこちら
うつ・不安症状

95歳、薬を飲まない薬剤師さんのお話(1/29)

 玉那覇(たまなは)康高さんは、95歳の薬剤師さん 週刊ポストの記事より  玉那覇さんは、50年薬局を経営してきましたが、『人は薬をやめた方が健→ 続きはこちら
うつ・不安症状

不安を避けようとすればするほど、不安に対する不安は増す(1/25)

スティーブン.C.ヘイズ  アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)を提唱したスティーブン.C.ヘイズらによる大規模な研究によって、不安を消そう→ 続きはこちら
うつ・不安症状

不安や恐怖は生き抜くために必要な感情(1/23)

 不安や恐怖という感情は、私たちが生きていくためにとても必要な感情なのです。  私たちは不安をいろいろ感じます。将来、人間関係、病気、自然災害、金銭問題、仕事→ 続きはこちら
うつ・不安症状

睡眠薬や抗不安薬を毎日飲み続けるのはよくないですか?(1/17)

高須幹弥医師 高須クリニックHPより  高須幹弥医師(高須クリニック名古屋院院長)が、ベンゾジアゼピン系のデパス、マイスリー、メイラックス、ハルシオン、ソラナッ→ 続きはこちら
うつ・不安症状

SSRIが認可されると、精神科は大のお得意様になった(1/15)

 精神科医の斉尾武郎氏は、更に続けます。 「従来型の抗うつ薬は薬価(薬の価格)が安かった。だから、製薬会社にしてみれば“売ってもあまり儲からない”ということで→ 続きはこちら
うつ・不安症状

ほんの20年ほど前まで、うつ病は日本人にとってそれほど身近な病気ではなかった(1/13)

 6月23日のルームだよりでも紹介しましたが、ほんの20年ほど前まで発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)という言葉はありませんでした。それと同様に「うつ病」は、ほんの20→ 続きはこちら
私の生活

コロナ禍の成人の日(1/11)

 今日は成人の日でした。今年は新型コロナの感染拡大に伴い、式典を延期した自治体も多かったようです。 © 朝日新聞社より  甲子園球場で開かれた成人式で、間隔を空けて着席する マ→ 続きはこちら
うつ・不安症状

抗うつ薬を服用してもなかなか治らないのであれば…(1/9)

 前々回(1/5)のルームだよりで、「医師国家試験に合格した精神科医は薬を処方する絶大なる権限を持っている。薬を処方するもしないも、精神科医一人一人の裁量になっている」と、お伝えし→ 続きはこちら